奈良県

奈良ホテル

  • 閲覧数:29

西の迎賓館、クラシックホテル、悠久の時を越え、木漏れ日の中、穏やかな時間を。

建築家、辰野金吾氏設計による桃山御殿風檜造りの1909年に建造された本館は、随所に創業時のマントルピース(暖炉)が残り、調度品はその時代の優雅さが漂います。奈良公園側に面したパークサイドと中庭サイドがございます。隅々にまで歴史と伝統を感じ、関西の迎賓館でのノスタルジックで贅沢な寛ぎの時間をお届けします。

客室
建築様式「吉野建て」を採用し、1984年に建築された新館。全室が緑豊かな中庭に面しており、ベランダや窓から臨む景観がまるで森の中にいるような気分にさせる、心和む空間です。客室内は、オーク材の落ち着いた色合いに、大和文化の華やぎを表現したデザインが彩りを添えるしつらえ。
料理
奈良の都に息づく100余年の伝統。名画や調度品が設えられた重厚華麗な空間が広がる、創業以来のメインダイニングルームでは、歴代の料理長から受け継いできた伝統のフランス料理をお召し上がりいただけます。奈良ホテル自信の料理とおもてなしで素晴らしいひとときをお過ごし下さい。
名勝 旧大乗院庭園
1087年(寛治元年)に創建され、平安時代から江戸時代に栄えた門跡寺院のひとつ。現在、その敷地内の一部が奈良ホテルとなっています。

公式サイト

〒630-8301奈良市高畑町1096 TEL: 0742-26-3300(代)